1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 平和
  4. 【開催報告】2015年度高陽坡州ドゥレ生協交流・1日目
平和

【開催報告】2015年度高陽坡州ドゥレ生協交流・1日目

2015年10月28日

1日目 10月28日

AM11:00 羽田国際空港

DSC01514-2.jpg DSC09230-2.jpg

組合員、役職員の6人の方が訪日され、羽田空港でお出迎えをしました。「환영!고양•파주•두레 생협의 여러분(歓迎!高陽坡州ドゥレ生協のみなさま)

3日間の行程で、訪日団の皆さんに、パルシステム東京の事業や取り組みを知っていただき、さらに組合員交流企画にもご参加いただきます。

 

到着後は、まずは埼玉県まで移動し、杉戸セットセンターを見学頂きました。

PM12:30 パルシステム連合会杉戸セットセンター

杉戸セットセンターでは、主に常温流通(ドライ)でお届けする商品を箱に詰め、会員生協の配送センターへ出荷しています。(組合員の皆さんのご自宅に届く商品の入った緑色や青色の折り畳みコンテナはここで準備されています)。センターではドライ商品のセットラインの他、個人別にカタログをセットするセンターや回収したカタログ・注文用紙などを資源にするリサイクルセンターも併設され、2013年からは太陽光パネル(最大559.02kw発電可能)も設置されています。

センターでは組合員も参加して昼食交流を行い、パルシステム連合会物流管理課の渡辺主任と小林担当課長の案内でセンター見学をしました。皆さん熱心に見学され、セットラインの仕組みやリサイクル、電力の買い取りなどについて活発な質疑応答が行われました。

DSC09277-2.jpg

―昼食交流―

DSC01926.jpg―セットラインの見学―

DSC01568-2.jpg―センターの屋根に設置されている太陽光パネルの見学―

 

PM16:30 新宿本部

新宿本部入口では、理事と職員が横断幕や韓国の国旗を振って高陽坡州ドゥレ生協さんを歓迎しました。パルシステム東京本部の部署を巡り、パルシステム連合会にも表敬訪問。その後、これまでのパルシステム事業の歴史や取り組み展開や課題を紹介しました。

1日目の最後は今後の高陽坡州ドゥレ生協とパルシステム東京の交流についての意見交換です。今後の交流の方向性の共有、目標とそのために具体的にできることなどを話し合いました。

IMG_7378.jpg

―本部入口で横断幕でお出迎え―

DSC01629-2.jpg―パルシステム事業の紹介―

―今後の交流についての意見交換―

初日から息継ぐ暇もないような忙しいスケジュールでしたが、訪日団の皆さんは精力的に見学、交流、意見交換され、充実した1日目を過ごしていただけたようです。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿