1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 平和
  4. シャプラニール「ステナイ生活キャンペーン」の仕分け作業を体験してきました!
平和

シャプラニール「ステナイ生活キャンペーン」の仕分け作業を体験してきました!

2015年06月25日

はがきや切手など身近なモノを貧困解決、教育支援に役立てる「シャプラニール・ステナイ生活キャンペーン」。

パルシステム東京では、NGOシャプラニール=市民による海外協力の会の活動を3年間にわたり平和カンパで支援してきました。2015年は、この「ステナイ生活」に協力することで、南アジアの子どもたちへの支援を継続しています。

3月末から開始したキャンペーンには、これまで多くの組合員の皆さんからはがきや切手が寄せられています。ご協力、ありがとうございます!

バングラディシュで家事使用人として働く少女。
sutenaiseikatsu.jpg
はがきや切手は少女達への教育などに役立てます。

キャンペーンの期間中、ご協力いただいた組合員からは、「私たちが送ったはがきや切手は、どのように管理されているの?」「個人情報の取り扱いはどうなっているの?」などのご質問が寄せられています。

そこで、パルシステム東京の職員が、「ステナイ生活」の仕分け作業を体験してきました。

「ステナイ生活」仕分け作業体験報告

シャプラニールに毎日届くはがきや切手、時計やCD、本など。これらはシャプラニールの事務所内の一角にコンテナに入れて保管がされています。

届いた物品.jpg

仕分け作業には様々な工程がありますが、今回、私たちは、使用済みの切手と未使用切手を仕分ける作業、未使用切手を郵便局に提出するために、金額ごとに分けて一枚のシートにまとめる作業をお手伝いしました。

(NEW)DSC00212.JPG (NEW)DSC00215.JPG
シャプラニールの事務所内で作業を行います。 未使用切手を1枚のシートにまとめる作業。

 

膨大な切手を黙々とシートに貼っていく作業は、思った以上に手間のかかる作業です。

これら仕分け作業は、シャプラニールのスタッフの指導の下、毎日、有志で集まるボランティアが行っています。私たちが訪れた日には、他に3人のボランティアが参加していました。

今日がボランティア初体験という学生から、ボランティアを始めて5年という熱心な方も!「長い間続けられているんですね」とお伝えすると、「私なんてまだまだ。10年以上続けられている方もいらっしゃるんですよ」とのお声。仕分け作業は、たくさんのボランティアさんに支えられているんですね。

多くの方のご協力の元で進められている「ステナイ生活キャンペーン」。今後とも、ご支援よろしくお願いいたします!

 

最後に、組合員の皆さんから多く寄せられるご質問をご紹介します。

Q.個人情報はどのように取り扱われているのですか?

届いたハガキは、仕分け後、郵便局に交換に出すまでの間、カギ付きのロッカーに収納し、提出先の郵便局ではハガキをシュレッダーにかけて処分しています。

個人情報の取り扱いには十分に留意しておりますが、どうしても気になる方は、お手数ですが、個人情報の部分をマジックやスタンプなどで塗りつぶしてからお送りください。

Q.収集の結果報告はあるのでしょうか?

組合員の皆さんにご協力いただいた取り組みの結果については、週刊WITH YOUやホームページなどで報告しますので、ぜひご覧ください。

 

組合員の皆さんも、仕分けボランティアにご参加いただけますので、ご興味のある方、仕分け作業の様子を確認されたい場合は、シャプラニールまでお問合せください。

(ボランティア募集のご案内は、6月3回の「週刊WITHYOU」及びホームページでもご案内しています)。

*ボランティア募集については、こちら

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿