1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 平和
  4. 2012年度平和カンパ募集のおしらせ
平和

2012年度平和カンパ募集のおしらせ

2012年06月25日

あなたの「TWO COINS」を世界の子どもたちへ
東日本大震災から1年数ヶ月、先行きの見えない放射能汚染被災者は今も悲しみと苦難の中にいます。しかし同時に日本中の、世界中の人々がその悲しみを分かち合おうと手をさし伸べてくれました。私たちは被災地支援を展開するとともに貧困や病気に苦しむ世界の子どもたちへの支援も忘れません。お互いの心に寄り添いながら困難の中にいる子どもたちへ希望を届けたいと思います。 今年もあなたのカンパが必要です。
※このカンパは、税額控除対象の寄付金ではありません

2012年度平和カンパ

期間:2012年7月2日(月)~7月27日(金)
カンパ金額:1口200円(1口~何口でも)
カンパの方法:7月2日(月)~7月27日(金)の間に提出する注文用紙の「6ケタ商品注文欄」にプロジェクト別6ケタ番号と口数(複数可)をご記入下さい。インターネット注文も、「6ケタ商品注文欄」で受け付けます。

2012年度平和カンパ贈呈プロジェクト紹介

phot1.jpg

チェルノブイリ 小児ガンの治療を受ける子どもたちへ (6ケタ注文番号:109843)
活動団体:チェルノブイリ子ども基金

チェルノブイリ原発事故から26年が過ぎ、当時、幼い子どもだった世代が出産の時期を迎えています。しかし、甲状腺ガンだけでなく、脳腫瘍や、腎臓・肝臓ガンなど、事故の影響と思われるさまざまな健康被害が次世代にも見られ、今後もガンの治療や転地療養などの支援が必要です。

 

 

phot2.jpg

パレスチナ 経済封鎖下のガザ地区の子どもたちへ (6ケタ注文番号:109851)
活動団体:パレスチナ子どものキャンペーン

イスラエルによる経済封鎖が継続するパレスチナ・ガザ地区は、物資不足や停電・断水など、市民は厳しい生活を続けています。そんな中でも子どもたちは、人を思いやり・未来を夢見て学んでいます。カンパ金は、「ナワール子どもセンター」の運営資金に使われます。

 

 

phot3.jpg

フィリピン 虐待や貧困で苦しむ子どもたちへ (6ケタ注文番号:109860)
活動団体:国境なき子どもたち

貧困にあえぐ親からの虐待や育児放棄により路上へと押しやられた子どもたち、「ストリートチルドレン」がマニラ市内で100万人を超え、罪を犯す子どもも少なくありません。カンパ金は、識字教育、心のケアから職業訓練まで、子どもたちの明日を支えるプロジェクトに使われます。

 

 

phot4.jpg

イラク 白血病等の治療を受ける子どもたちへ (6ケタ注文番号:109878)
活動団体:JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)

新政府樹立後も混乱の続くイラク。劣化ウラン弾による内部被爆の影響と思われるガンにより、命をなくす子どもたちは後をたちません。カンパ金は、病院で必要な薬や医療機器の購入や、ガンの子どもたちや家族が安心して治療を継続できる社会づくりに使われます。

 

 

phot5.jpg

アフガニスタン 命の水を待ち望む子どもたちへ (6ケタ注文番号:109886)
活動団体:ペシャワール会

医療活動をすすめてきた中村哲医師は、「百の診療所より、一本の用水路を」と、戦禍や、今も続く干ばつの被害を受けた土地での灌漑用水路事業にも取り組んでいます。自給自足の食糧生産を確立するための農業復興事業の一部として使われ、次世代の安定した生活基盤づくりに役立ちます。

 

 

phot6.jpg

ミャンマー(ビルマ) 学びの場を待ち望む子どもたちへ (6ケタ注文番号:109894)
活動団体:シャンティ国際ボランティア会

軍事政権時代の戦乱から逃れた難民の子どもたちにとって、図書館は心のよりどころ。読む楽しみに触れ、感性と想像力を養います。カンパ金は、図書館活動を通じて子どもたちに本の楽しさを伝え、教育の質を高めるための人材教育に使われます。

 

 

phot7.jpg

バングラデシュ 児童労働を強要される子どもたちへ (6ケタ注文番号:109908)
活動団体:シャプラニール=市民による海外協力の会

中流家庭でも使用人がいるのがあたりまえのバングラデシュ。貧困層の少女たちは、朝から晩まで仕事として家事をさせられます。カンパ金は、学ぶ機会を奪われ、低賃金・長時間労働を強いられている少女たちの教育支援や、「子どもの権利」を伝える活動に使われます。

 

 

phot8.jpg

南アフリカ  エイズにより親を失った子どもたちへ (6ケタ注文番号:109916)
活動団体:日本国際ボランティアセンター

人口の1割以上がHIVに感染している南アフリカ。治療も大切だが、エイズにより親を亡くした子どもたちや、自身が親からHIVに感染してしまった子どもたちへの支援が求められています。このカンパ金は、彼らの生活のケア・サポートや自立をめざした農業研修に使われます。

 

 

8つの全てのプロジェクトへ(6ケタ注文番号:109924)
各プロジェクトに均等に送金する番号です。「1」と記入したら25円ずつ、「10」と記入したらそれぞれに250円ずつ送金します。

 

 


パルシステム東京の平和カンパ
平和はすべての生活の基盤となるものであり、生協活動の原点でもあります。 パルシステム東京の平和カンパは、身近に参加できる国際協力として、多くの組合員が参加する運動に発展しています。2011年度は総額737万7,206円のカンパ金を世界各地の子どもたちに届けました。

※パルシステム東京は、東日本大震災直後から被災地に入り、さまざまな支援活動に取り組んでいます。パルシステム東京は、長期にわたる覚悟をもって、今後も震災被災地への支援も続けていきます。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿