1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 平和
  4. 2011年度平和カンパ募集のお知らせ
平和

2011年度平和カンパ募集のお知らせ

2011年06月28日

あなたの「TWO COINS」を世界の子どもたちへ
3月11日の東日本大震災には、「今こそ日本に恩返しをしたい。助けたい」と世界中から善意の支援が寄せられました。地球上に、人への思いやり、やさしさの小さい灯がともっているのです。困難なときは「お互い様」。お互いに助け合いの気持ちを持ったこの地球で生きる“みんな”です。世界中の子どもたちの命が脅かされることのないように、人や国の結びつきを大切に、今年も平和カンパに取り組みます。どうか、息の長い支援と連帯を!

2011年度平和カンパ

期間:2011年7月4日(月)~7月29日(金)
カンパ金額:1口200円(1口~何口でも)
カンパの方法:7月4日(月)~7月29日(金)の間に提出する注文用紙の「6ケタ商品注文欄」にプロジェクト別6ケタ番号と口数(複数可)をご記入下さい。インターネット注文も、「6ケタ商品注文欄」で受け付けます。

2011年度平和カンパ贈呈プロジェクト紹介

チェルノブイリ 小児ガンに苦しむ子どもたちへ (6ケタ注文番号:109916)
活動団体 チェルノブイリ子ども基金
チェルノブイリの原発事故から25年。事故当時幼い子どもだった世代は大人になり、今も治療を続けています。さらに、次の世代の子どもたちの健康にも影響がではじめています。カンパ金は、ガンの手術を受けた子どもたちの非汚染地域のサナトリウムでの転地療養費に使われます。

パレスチナ 孤立したガザ地区の子どもたちへ (6ケタ注文番号:109924)
活動団体 パレスチナ子どものキャンペーン
パレスチナ・ガザ地区は、2年前の空爆の傷跡もそのまま、経済封鎖も継続し、市民はいまだに厳しい生活を続けています。そんな中でも子どもたちは、人を思いやり・未来を夢見て学んでいます。カンパ金は、貧困層を中心に200名近い子どもたちが通う「ナワール子どもセンター」の運営資金や、母親たちへの子育て支援に使われます。

アフガニスタン 地域医療を待ち望む子どもたちへ (6ケタ注文番号:109932)
活動団体 日本国際ボランティアセンター
「テロとの闘い」で地域社会が壊滅したアフガニスタン。医療事情も依然として厳しく、乳幼児の死亡率も世界最悪レベルにあります。カンパ金は、特に危険にさらされやすい女性や子どものための地域密着クリニックなどでの、住民自身で健康管理をするための基礎的な知識を広める活動に使われます。

フィリピン 虐待や貧困で苦しむ子どもたちへ (6ケタ注文番号:109941)
活動団体 国境なき子どもたち
180万人ものストリートチルドレンを抱えるフィリピン。貧しさゆえの親による暴力や虐待、育児放棄の被害にあう多くの子どもたちが路上へと押しやられています。カンパ金は、衣食住や識字教育、心のケアから職業訓練まで、子どもたちの明日を支えるプロジェクトに使われます。

カンボジア 学びの場を待ち望む子どもたちへ (6ケタ注文番号:109959)
活動団体 シャンティ国際ボランティア会 内戦により教育が破壊されたカンボジア。教科書以外の本を手にしたことのない子どもたちは絵本を通じて「読む」楽しみに触れ、感性と想像力を養います。カンパ金は、図書館活動を通じて子どもたちに絵本の楽しさを伝える事業や、教育の質を高めるための教員養成学校での人材育成に使われます。

イラク 白血病等の治療を受ける子どもたちへ (6ケタ注文番号:109967)
活動団体 JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)
イラク戦争から8年たちます。湾岸戦争以来使用された劣化ウラン弾による内部被ばくの影響と思われるガン・白血病で、いのちをなくす子どもたちは今も後をたちません。カンパ金は、病院で必要な薬や機器の提供や精神的なサポートなど、ガン・白血病の子どもたちや家族が安心して治療を継続できる社会づくりに使われます。

6つの全てのプロジェクトへ(6ケタ注文番号:109975)
各プロジェクトに均等に送金する番号です。「1」と記入したら約33円ずつ、「6」と記入したら200円ずつ送金します。


パルシステム東京の平和カンパ
平和」はすべての生活の基盤となるものであり、生協活動の原点でもあります。 パルシステム東京の平和カンパは、身近に参加できる国際協力として、多くの組合員が参加する運動に発展しています。1996年から、15年間で総額9718万4,240円のカンパ金を世界各地の子どもたちに届けてきました。

※パルシステム東京は、東日本大震災直後から被災地に入り、さまざまな支援活動に取り組んでいます。それとともに、被災地支援カンパも実施。組合員の善意の力は、1億5000万円(パルシステムグループ全体では4億円)を超えるカンパ金となりました。パルシステム東京は、長期にわたる覚悟をもって、今後も震災被災地への支援も続けていきます。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿