1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 平和
  4. 2010年度平和カンパ中間報告~ピースウインズ・ジャパン~
平和

2010年度平和カンパ中間報告~ピースウインズ・ジャパン~

2010年12月28日

当該事業を展開するアクレ郡農村部にある小学校は、1990年代に建設されたコンクリートブロック土屋根の校舎で教室2部屋と職員室一部屋からなる小規模校が多いのですが、土屋根の校舎は日々のメンテナンス作業が難しく、雨や雪が降ると補強作業を行い、1年半から2年に一度全面を吹き替える必要があります。しかし学校の限られた維持予算の関係から壊れた窓やドア、壁のひび割れなどが修理できず、壊れたままで放置されている状態でした。また、人口増加に対して教室数が不足してきており、多くの学校では授業の二交代制や2学年合同授業の実施を余儀なくされていました。こうした小規模校から特に校舎の状態が悪く、生徒数の多い小学校で、生徒の学習環境改善や交代制の廃止並びに2学年合同授業回数を減らすことを目的とした小学校支援事業を進めております。

これまでの経過と今後の予定

a)小学校増築・修復事業
支援対象のジルゲタ小学校、ネルギジン小学校は増築・修復工事が完了しました。これに伴い、2交替制・2学年合同授業が解消され、両校に通う子どもたちが安心して勉強に専念できる環境が整いました。事業完了後も学校がきちんと使われているか、建設上の不備がないかなどを確認するためのモニタリングを行っています。

b)小学校改築事業
支援対象のアートンゼリ小学校、カニラン小学校、コルトカ小学校、メルガモシュク小学校、シトカン小学校については11月より工事が開始しました。現在は基礎工事を行っており、11月29日時点での各学校の事業進捗状況は次の通りです。
ⅰ)アートンゼリ小学校:全体の19%が完了。
ⅱ)カニラン小学校:全体の9%が完了。
ⅲ)コルトカ小学校:全体の6%が完了。
ⅳ)メルガモシュク小学校:全体の14%が完了。
ⅴ)シトカン小学校:全体の14%が完了。

土壌掘削中に土壌が当初計画していたよりも柔らかく基礎工事の掘削深度を上げたり、掘削過程で水が出てくるなどの問題はありますが、当初の計画通り2011年3月末までの事業完了を予定しております。

pwj

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿