1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. そこにある、見えない命のために。日本発、世界初のマタニティマーク「BABY in ME®」誕生から20年、変わらない思い(パルシステムリンク)
生協からのお知らせ

そこにある、見えない命のために。日本発、世界初のマタニティマーク「BABY in ME®」誕生から20年、変わらない思い(パルシステムリンク)

2019年06月03日

妊娠初期(※1)は、つわりが出やすいなど、妊婦には心身ともにつらいことの多い時期。厚生労働省が「マタニティマーク」を制定したのは2006年、今では市民権を得たこのマークですが、ある一人の女性の思いが大きなきっかけとなったことはあまり知られていません。それが、1999年に誕生した「BABY in ME®」だ。20年前に比べれば理解は広がったが、「嫌がらせをされそうで、つけるのが怖い」という声も。一人一人に問われている優しさ、気づかいとは何なのでしょうか。・・・【続きを読む】

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿