1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. 谷川俊太郎さんが「よくできた詩とは思っていない」と言う代表作「生きる」は、なぜ愛され続けるのか?(パルシステムリンク)
生協からのお知らせ

谷川俊太郎さんが「よくできた詩とは思っていない」と言う代表作「生きる」は、なぜ愛され続けるのか?(パルシステムリンク)

2018年09月26日

「生きているということ いま生きているということ」。詩人・谷川俊太郎さんの代表作の一つ「生きる」はこのフレーズから始まります。この詩から新たに生まれた絵本『生きる』(2017年、福音館書店)は、すでに5版を重ねています。1971年に発表されたこの詩が今なお愛され続け、人々に求められるのはなぜでしょう。
「自分としては、そんなによくできた詩だと思っていなかったんですよ。でも、きっちり完成した詩よりも、どこかほころびがあるほうが、人は入っていけるんですね。」と話す谷川さんと絵本の担当編集者に話を聞きました。・・・【続きを読む】

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿