1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. みんなの水が、企業のものになったらどうなる? 「水道民営化」を世界の事例から考える(パルシステムリンク)
生協からのお知らせ

みんなの水が、企業のものになったらどうなる? 「水道民営化」を世界の事例から考える(パルシステムリンク)

2018年03月26日

水は「公共財」?それとも「商品」?
今日本では、水道法を一部改正して水道事業の官民連携を推進し、民営化を促す動きがある。公共サービスの民営化は日本だけの流れではありませんが、一方で、一度は民営化した公共サービスの「再公営化」も世界で広がっています。フランス・パリ市などの事例を踏まえながら、世界の公共サービスのあり方を研究調査しているトランスナショナル研究所の岸本聡子さんに、水道民営化について考えるためのヒントを伺いました。・・・【続きを読む】

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿