1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. ほんもの実感「産直カフェ お米を学ぼう!~40年の産直の歴史~」開催
生協からのお知らせ

ほんもの実感「産直カフェ お米を学ぼう!~40年の産直の歴史~」開催

2017年11月20日

産直3トップ

10月24日(火)パルシステム東京は新宿本部で「お米を学ぼう!~40年の産直の歴史~」を開催し、お米の生産者JAささかみの生産者から、パルシステムを通じた生産者同士のつながり、組合員との交流の歴史について話を聞きました。

  

石塚さん

夢の谷ファーム代表 石塚 美津男氏

  

  JAささかみは全国に先駆けてコア・フード米やエコチャレンジ米に取り組んできた生産地です。組合員交流も長く続いています。

  安全でおいしい農産物を作るため、生きもののたくさんいる健康な土壌作りに力を入れており、「ゆうきセンター」では畜産環境対策事業として鶏ふん、牛ふん、もみ殻、豆腐工場のおからなどを使って堆肥を製造しています。
特別栽培米、無農薬栽培米の肥料は、すべて有機質100%のものを使用しています。

  ささかみでは大豆の生産もしています。 パルシステムのカタログでおなじみの「うめてばブロー豆腐」は、ささかみで製造しています。

  

「ささかみアドベンチャーへようこそ!」30年以上続く組合員交流企画

  

  本日の講座は1983年から始まる産地と組合員の交流企画を中心に進められました。
交流の一つ、サマーキャンプは現在も「ささかみアドベンチャーへようこそ!」という名前で毎年ツアーを行っていて、パルシステム組合員に好評です。
  石塚さんは
  「産直は交流が大事だと私は考えています。商品が安いのか、高いのか、何と比べてそう言っているのか、産直とは何か、は産地に来るとわかるからです。」と話します。

試食

本日の試食:ささかみ「夢の谷 コシヒカリ」「うんめてば 味噌」「糖しぼり大根」「ささかみの郷土料理『豆腐の味噌漬け』」
一見シンプルですが、ご飯のおいしさにお代わりする方も♪

食育リーダー

本日調理を担当してくれた、パルシステム東京食育リーダー

講座修了

  試食しながらの講座のあとは、質疑応答、石塚さんのリードでささかみオリジナルの「三三七拍子」を全員で行い、大盛り上がりで終了しました。

  

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿