1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. 「米国産牛肉輸入再開に関する意見書」提出報告
生協からのお知らせ

「米国産牛肉輸入再開に関する意見書」提出報告

2006年06月02日

東京マイコープでは、米国産牛肉輸入再開に関する意見書を、食品安全委員会宛て、及び農林水産大臣ならびに厚生労働大臣宛てに提出しました。

食品安全委員会への意見書提出
 食品安全委員会には、5月29日、増田理事長及び理事、事務局の4名で同委員会事務局を訪問して、意見書を手渡し、西郷リスクコミュニケーション官ら3名と意見交換を行ないました。
 食品安全委員会側からは、米国産牛肉輸入再開問題に関しては厚労省・農水省による規制遵守の確認をしているところで、委員会としてはそれを見守っている段階である、再評価が必要とは考えていない、などの回答がありました。生協側からは、消費者の声を聞いて、消費者の安心できるように再評価をすることなどを、重ねて要請しました。

食品安全委員会へ提出

厚生労働省・農林水産省への意見書提出

 厚生労働省宛て及び農林水産省宛ての意見書は内容が同じなので、5月31日、理事、監事、事務局の7名で農林水産省を訪問して、意見書を手渡し、厚生労働省食品安全部企画情報課森田担当官、農林水産省消費・安全局小倉畜水産安全課長ら4名と意見交換を行ないました。
 両省からは、現在は評価の前提が守られるよう努力している、輸入食品の安全は事業者が第一に確保する、などの回答がありました。生協側からは、消費者の意見を踏まえて慎重に進めること、食品安全委員会に再評価を諮問することなどを、重ねて要請しました。

厚生労働省、農林水産省へ提出

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿