1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. 「つながり・ぬくもりプロジェクト」の取組みが被災地で実現しています~東日本大震災復興支援ニュース~
生協からのお知らせ

「つながり・ぬくもりプロジェクト」の取組みが被災地で実現しています~東日本大震災復興支援ニュース~

2012年01月06日

組合員のみなさんの協力により被災地に小さなあかりが灯りました

「つながり・ぬくもりプロジェクト」の取り組みが被災地で実現しています

3.11 東日本大震災発災以降、多くの市民団体やNPO・NGO が、それぞれの専門知識や活動経験を活か した支援活動を続けています。「つながりぬくもりプロジェクト」もそのうちのひとつで、2011 年4 月 に、被災地を自然エネルギー( 太陽光・太陽熱・バイオマス) で支援することを目的に、多くの環境 団体がネットワークして設立された支援団体です。
パルシステム東京はプロジェクトからの協力要請を受け、組合員にカンパの協力を呼掛けました。11 月末までに268 万7,950 円のカンパ金が寄せられ、ただちにプロジェクトに贈呈しました。  プロジェクトでは、パルシステム東京の組合員から寄せられたカンパをもとに、2011 年9 月24 日、 太陽光発電による2 基の灯りを、宮城県石巻市の大川小学校慰霊碑に設置しました。この灯りは「鎮魂 の光」という見出しで、朝日新聞で紹介されました。また、12 月には、同小学校に太陽光発電による クリスマスツリーを期間限定で設置しました(期間終了後、太陽光パネルは、他の支援に充てられます)。  小さな灯りですが、組合員の皆さんの思いが灯した、復興への一灯です。パルシステム東京とは未電 化地域へ太陽光パネルを贈る企画などでもつながりのある、プロジェクトメンバーの桜井氏から感謝の 言葉が届いています。

パルシステム東京は、これからも「つながりぬくもりプロジェクト」の活動や、復興支援に携わる NPO・NGO との連携を強め、支援活動を継続します。

大川小学校.jpg
2011年10月18日 朝日新聞より


「つながり・ぬくもりプロジェクト」太陽光発電担当:桜井 薫

「つながり・ぬくもりプロジェクト」では、パルシステム東京のご協力をはじめ、多くの皆様のあたたかいご協力をいただいて、これま でに150 案件以上、太陽光パネルによる電気や太陽熱温水器の温かいお湯を届けることができました。ありがとうございます。
被災地ではがれきもかなり片付き、明日に向っての歩みが始まっています。しかし、子どもたちの通学路には、まだ明かりがありません。 漁に出た漁師さんの船を手直しする小さな造船所には、まだ電気が復旧していません。帰るべき港を示す明かりもありません。まだまだ、 太陽光発電を必要としているところがあります。また、太陽光パネルで発電し、余った電気は高く売ることが出来るので、仕事が無くな り収入が激減した福島の障害者施設への息の長い経営支援となります。

原発に頼らないコミュニティ作りも、一緒に進めて行きたい…私達はこれからも、自然のエネルギーを被災地にひとつひとつ手渡して 行きます。今後とも、ご支援、よろしくお願い致します。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿