1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. パルシステム東京の役職員が、原発ゼロの日 さよなら原発 5・5(ゴーゴー)集会に参加しました
生協からのお知らせ

パルシステム東京の役職員が、原発ゼロの日 さよなら原発 5・5(ゴーゴー)集会に参加しました

2012年05月07日

5月5日(土)、パルシステム東京の役職員が、東京・芝公園で行われた「さよなら原発 5・5(ゴーゴー)集会」に参加し、脱原発を訴えました。5月5日午後5時から、北海道電力では、泊原発の発電出力を落とす作業を始め、午後11時3分に発電する電力がゼロになりました。これで日本の商業用原発50基がすべて停止となりました。

都内では、「さよなら原発5・5集会」が開催され、約5,500人(主催者集計)が参加しました。永久の原発ゼロへー。「こどもの日」に重ね、次世代への脱原発の思いを語る参加者も多くいました。
会場では、主催者の鎌田慧さん、澤地久枝さんや、賛同者である落語家の古今亭菊千代さん、講談師の神田香織さんなどが、脱原発の想いを熱く語りました。

DSC01191.jpg

DSC01194.jpg
主催者が挨拶で熱く脱原発を訴えました

また、北海道から現地報告をしてくれた長田秀樹さんは、枝野経産相が大飯原発の再稼動を念頭に「5月6日から一瞬(原発が)ゼロになると発言したことに言及し、一瞬のゼロではなく、永遠のゼロにしようと呼びかけました。

DSC01236.jpg

DSC01232.jpg

集会は13時にスタート。オープニングコンサート、呼び掛け人の挨拶などに続いて14時45分にパレードを開始しました。当日は、好天に恵まれ、芝公園~神谷町~東京タワー~赤羽橋~金杉橋~大門~浜松町~旧芝離宮恩寵庭園前児童公園までを、パレードしました。パレードでは、原発いらない!こどもを守ろう!みんなで頑張ろう!など、脱原発を求める力強い訴えがありました。

DSC01259.jpg

DSC01261.jpg
行進の様子

参加した役職員もまとまって行進に参加、パルシステムの脱原発の姿勢をアピールしました。

DSC01272.jpg
参加した役職員

今後も、パルシステム東京では、脱原発を推進し、自然エネルギー中心の社会を目指していきます。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿