1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. 新生ふるきゃら  ミュージカル「稲ムラの火」のご案内
生協からのお知らせ

新生ふるきゃら  ミュージカル「稲ムラの火」のご案内

2012年07月05日

劇団「新生ふるきゃら」は地域をテーマに活動している東京小金井市に拠点のある劇団です。
今回ご紹介するミュージカル「稲ムラの火」は防災がテーマで、1854年の安政の南海地震に際して、復興に挑んだ浜口梧陵と村人たちの実話に基づく物語です。

浜口梧陵は広村(現在の和歌山県広川町)の分家で生まれ、家業を継ぐために、本家の養子として銚子(現在の千葉県)に移り住みました。
たまたま彼が広村に帰郷していた時、大地震が発生し、紀伊半島一帯を大津波が襲いました。
彼は稲むら(稲束を積み重ねたもの)に火を放ち、この火を目印に村人を誘導して、彼らを安全な場所に避難させました。津波により、かわり果てた光景を目にした梧陵は、故郷の復興のため、被災者のために身を粉にして復旧作業にあたりました。さらに津波対策と、災害で職を失った人たちの失業対策として、私財を費やし大防波堤「広村堤防」を築きました。
そして、この堤防は1946年(昭和21年)に発生した昭和の南海地震津波から住民を守り抜きました。

大人も子どもも一緒になって「防災」と「地域」を考えることができるミュージカルバラエティですので、ぜひ、劇場へ足をお運びください。

お問合せ、チケットのお申込みは、劇団「新生ふるきゃら」に直接ご連絡ください。
※チケットお申込みの際、「パルシステム東京の組合員」とお伝えいただくと一般価格の10%引きになります

劇団「新生ふるきゃら」ホームページ→ http://www.furucara.com/

SCAN-3521.jpg
画像をクリックをすると拡大します

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿