1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. パルシステム東京は、福島の子どもたちを放射能から守るための支援活動に協力します。
生協からのお知らせ

パルシステム東京は、福島の子どもたちを放射能から守るための支援活動に協力します。

2012年07月17日

5月14日(月)~15日(火)に、パルシステム東京は福島の子どもたちを放射能から守るための支援活動を推進するために、情報収集などを目的に福島県へ役職員4名を派遣しました。

<1>  訪問先

①  「安全・安心アクション・in郡山」
「子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク」活動に協力している関係から、同ネットワークの一員で、福島県郡山市の市民団体「安全・安心アクション・in郡山」(以下、3aと記載)と、現在の郡山市における放射能から子どもたちの身を守る生活情報や、3aの活動状況について意見交換を行いました。 パルシステム東京では、2012年3月に同団体が「市民サロン」を開設する際の費用の一部として45万円を組織カンパしています。「市民サロン」は、お子さんを抱え苦悩を続けている母親たちを対象に、食の生活環境の安全・安心のための情報交換や、学習会を開くための場所で、サロン内には新たに3aの事務所も設置されています。

3a-1

写真中央が3aの根本さん、右側が代表の野口さん

3a-2

 

②  福島県生協連合会
福島県生協連合会の会長理事・専務理事、パルシステム福島理事長と意見交換を行いました。福島県生協連の支援活動「子ども保養プロジェクト」(ユニセフと協同)についての説明を受けました。

福島生協連熊谷会長とパルシステム福島和田理事長

写真右側奥が福島生協連会長の熊谷さん、手前がパルシステム福島和田理事長

P1000302.jpg

 

③  いわき放射能市民測定室
パルシステム福島の専務理事・理事も同席し、いわき放射能市民測定室で、機器の説明や測定状況について意見交換をしました。

パルシステム福島の安齊専務理事、古川さん

右側手前からパルシステム福島の安齊専務理事、古川さん

P1000353.jpg

 

 

<2>  2012年度の支援活動計画について

1,  つながろう福島、パルシステム福島親子交流企画第2弾を開催します。
日 程: 7月23日(月)~25日(水)
内 容: パルシステム東京組合員との東京サマーランドでのバーベキュー交流会、パルブレッド見学会(パルシステムのパン製造の子会社)など
2,  組合員カンパを検討します
子どもたちを放射能汚染から守るため、福島に集中した組合員カンパについて検討を進めています(カンパ金贈呈先など詳細は未定)。

パルシステム東京では、引き続き福島への支援活動を継続して取り組んでまいります。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿