1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. パルシステム東京は、「10.13 さよなら原発集会in日比谷」に参加しました。
生協からのお知らせ

パルシステム東京は、「10.13 さよなら原発集会in日比谷」に参加しました。

2012年10月16日

10月13日(土)、パルシステム東京は脱原発を訴えるめ、「さよなら原発一千万署名市民の会」が主催する「10.13 さよなら原発集会in日比谷」に参加しました。

パルシステム東京は、脱原発をすすめる立場から、これまでも同会が主催する脱原発集会や、脱原発1000万人署名などの取り組みに参加、協力してきました。

 集会は恒例のオープニングコンサートから始まり、その後、各呼びかけ人から、福島第一原発事故も終息していない状況で、まだ原子力発電所を稼動させようとする国や企業の姿勢、54基も建造してしまった原子力政策の政府の責任について。また、原子力政策から早期撤退できない政府の無策を厳しく追及し、原子力発電所の再稼働反対、即時停止、再生可能な自然エネルギーへの転換を求めていくメッセージが力強く発信され、これからもさらに脱原発の活動を粘り強く続けていくことの訴えがありました。

  • 主催者挨拶   鎌田 慧 さん (呼びかけ人・ルポライター)
  • メッセージ紹介 落合 恵子さん「欠席・メッセージのみ代読」(呼びかけ人・作家)とフランスから
  • 訴え 1      高橋 哲哉さん(東京大学大学院教授)
  • 福島から     森園 かずえさん(子ども福島ネットワーク)
  • 緊急アピール  小笠原 厚子さん(あさこハウス)
  • 訴え 2      大江 健三郎さん(呼びかけ人・作家)
  • 閉会の挨拶   吉原 毅さん(城南信用金庫理事長)
  • 閉会        送り出し音楽 ナラカズオさん、日本音楽協議会(日音協)

 

オープニングコンサート.jpg 

会場を埋めつくす参加者たち.jpg 

パル東京参加者.jpg

 オープニングコンサート     6500人が参加しました(主催者発表)     パルシステム東京参加者たち

今回パルシステム東京からは役職員15名、組合員複数名が、集会とパレードで脱原発を訴えました。

パレードは、会場の日比谷公園から東電本社前~銀座~東京駅前を経由して最終地点の常盤橋公園へ。
他の多くの参加団体とともに、沿道の人々へも脱原発を訴えながら行進しました。

先頭でデモ行進.jpg

原発いらない 命が大事.jpg 

原発no.jpg

    第二集団のトップで出発     他団体もいろいろな工夫をして脱原発をアピール

快晴の秋空を行進.jpg

理事長も一緒に参加.jpg

集会終了後に集合写真.jpg

     爽やかな秋空のもとを行進      理事長も元気に参加     集会終了後に全員で集合写真

 

パルシステム東京では、引き続き脱原発活動を、他団体と共に連携・協力しながら取り組んでまいります。

【関連情報】
「さようなら原発1000万人アクション」
脱原発訴え「さようなら原発集会in日比谷」に参加しました(パルシステムリンク)

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿