1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. 東日本大震災避難者の自立支援のため、避難者の収入につながる「復興ぞうきん」 約5,900 枚を販売しました
生協からのお知らせ

東日本大震災避難者の自立支援のため、避難者の収入につながる「復興ぞうきん」 約5,900 枚を販売しました

2013年01月10日

    パルシステム東京は、2011 年12 月から、岩手県盛岡市から被災者支援について業務委託を受けている一般社団法人「SAVE IWATE(セーブイワテ)」(岩手県盛岡市)の『復興ぞうきんプロジェクト』に協力し、「復興ぞうきん」5,925 枚を販売しました。

    パルシステム東京では、東日本大震災発災直後からNPOなどの市民団体と連携・協力をしながら、被災者支援活動に取り組んでいます。
    その一つ、「SAVE IWATE(セーブイワテ)」とは、震災直後から炊き出し用のお米の提供で協力をしてきましたが、被災者の自立への第一歩を支援したいとの考えから、2011 年12 月から『復興ぞうきん』の販売に協力しています。2012 年12 月までに7ヶ所の配送センターで5,925 枚を販売しました。

    復興ぞうきん

    【復興ぞうきん】
    岩手県盛岡市周辺へ避難している被災者が、全国から無償提供されたタオルと裁縫道具を使用して「ぞうきん」を手縫いしています。
    被災者の方々が、手仕事をすることで気持ちを和らげ、また、いくらかでも収入となるよう、縫い手の方には、1枚につき200 円が支払われています。

    復興ぞうきん データ

    <今後の予定>
    ・2013 年度も販売協力を継続します。

    【この記事に関するお問い合わせ先】
    生活協同組合パルシステム東京広報室
    TEL:03‐6233‐7610(月~金/9:00~17:30) : FAX 03‐4570‐5699
    E-mail : palsystem-tokyo@pal.or.jp   HP : http://palsystem-tokyo.co.jp/index.html
    復興支援ブログ : 『Pray for Japan』

    ページの一番上へ

    「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
    〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿