1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. 宮城県東松島支援視察振り返りの会を開催しました。
生協からのお知らせ

宮城県東松島支援視察振り返りの会を開催しました。

2014年01月24日

1月23日(木)、2013年12月に実施した仮設住宅視察(※)の振り返りの会を開催しました。「これからのことを考える、前向きな話し合いにする」を視点に、参加者が再訪問で得た情報や感じたことを共有し、これからの支援のあり方について話し合いを行ないました。

※視察には、2011年度に宮城県東松島市の仮設住宅で開催した「パル・パラソルカフェ」に参加したメンバー10名が参加。東松島市の社会福祉協議会で、東松島の状況について説明いただいた後、2グループに分かれて仮設住宅5ヶ所を訪問し、避難者から今の暮らしの実態、不安に思っていることをお聞きし、今後の支援について意見交換を行いました。

参加者から共通して出た言葉は「忘れないこと」。また、仕事や子育ての関係から、若い人が仮設から出て行き、高齢者が取り残され、コミュニティの維持が難しくなっていることについて、心配の声が多く出されました。

振り返りの会

今後必要と思われること~やってみたいこと、できること。私たちの役割は何か?を考え、「経済的な支援:手づくり作品の作成・販売支援」「自治会イベントの支援:自発的な活動を支援」「拠点とのつながり:交流、学習会などを通じて忘れない、忘れていないことを伝える」について具体的に考えていくこととしました。

パルシステム東京復興支援特別委員会・岩崎緩子委員長

パルシステム東京復興支援特別委員会・岩崎緩子委員長の「忘れないこと、続けること、現地の人が主役であることをテーマに、今後も被災者が望む支援を一緒に考えていきましょう」との言葉で会をしめくくりました。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿