1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. 「福島スタディツアー(第1弾)」を開催しました
生協からのお知らせ

「福島スタディツアー(第1弾)」を開催しました

2013年10月07日

10月4日(金)~5日(土)、「福島スタディツアー」を開催し、32名(パルシステム東京組合員24名、役職員8名)が参加しました。

東日本大震災で被災した地域の中でも、震災による津波に加え、原発事故の影響で、復興が最も苦しい状況にある福島県。スタディツアーは、パルシステム福島の和田佳代子理事長の「福島に来て、現状を知ってほしい」の声をきっかけに企画されました。、

<主なプログラム>

  • パルシステム福島からの報告
  • NPO法人ふよう土2100のガイドによる現地視察と関係者からの活動報告
    原発20km圏内(双葉郡広野町・楢葉町)
    浜風商店街(久之浜)視察
    オーガニックコットン圃場での農作業
    NPO法人ザ・ピープルの活動報告
    市民の復興活動報告

パルシステム福島からの報告

パルシステム福島の安齋専務と和田理事長から、パルシステム福島と福島県の置かれている状況について、震災直後から今現在に至るまでの経過と、今なお解決されない厳しい福島の現状などが報告されました。

パルシステム福島安齋専務

「震災後の物理的な混乱は終息したが、時間の経過について、放射能汚染に対する向き合い方なども原因となって、近隣者との心情的なつながりが微妙になってきています」安斎専務

パルシステム福島和田理事長

「震災後の物理的な混乱は終息したが、時間の経過について、放射能汚染に対する向き合い方なども原因となって、近隣者との心情的なつながりが微妙になってきています」安斎専務 「福島県南端にあるいわき市は、東京の放射線量とほぼ同じ。洗濯物は屋外に干すし、家庭菜園の野菜を放射能測定してもほとんど影響がない結果です。それでも県外に避難した方が多く、人口減少が町の再生に影を落としています」和田理事長

現地視察と関係者からの活動報告

NPO法人ふようど2100の里見喜生理事長のガイドで、立ち入り制限が解除された地域をバス(一部車外)で視察。また、復興活動に携わる関係者から活動報告をしていただきました。

20km圏内

除染特別地域(事故後1年間の積算線量が20mSvを超えるおそれがあるとされた「計画的避難区域」と、福島第一原子力発電所から半径20km圏内「警戒区域」)に含まれている富岡町などを視察しました。

富岡町

JR富岡駅

富岡駅周辺。津波に流され、放置されたままの家屋、自動車・・・常磐線快速の停車駅として賑わいを見せたであろう町はゴーストタウンそのもの。ガソリンスタンドと金物屋以外のお店は閉まったままで、人影も除染作業に携わる方ばかり。

フレキシブルコンテナ

道の両側にはフレキシブルコンテナという除去物移動同用の黒いコンテナが多数、仮置きされている。

ふよう土2100里見さん

「居住可能とされた地域も、人が住んでいなかった家はネズミや虫の被害で、外観こそきれいでも、とても住める状態ではありませんでした。商店街などの生活インフラも回復していません。そのため、一旦は戻ると決意した人たちも次々と諦めています」里見理事長

 

活動報告

NPO法人ザ・ピープル

ザ・ピープル

「“住民主体の町づくり”を大きな活動目的として、1990年12月から在宅障がい者の自立支援や、古着のリサイクル活動などに取り組んできました。震災後、行政から『衣類を提供してほしい』と要請されましたが、支援物資があるのに避難場所まで届いていない現状に愕然とし、『行政に任せていては何も始まらない。自分たちで動かなくては』と強く感じ、支援活動を開始しました」吉田恵美子理事長

いわきおてんとSUNプロジェクト~ふくしまオーガニックコットンプロジェクト

ふくしまオーガニックコットンプロジェクト

「水俣でも40年以上かかった。福島では100年以上かかるだろう風評被害とは戦っても勝てない。有機農法による綿栽培は、農産物が売れないなら、食用でないもので地域再生へのプロセスを生み出していきたいという想いではじめました。プロジェクトには、農業者、地域住民、避難者、ボランティアなど様々な人が参加してくれています。」農家・木田源泰さん

浜風商店街(久之浜商工会)

浜風商店街

浜風商店街

「もともとあった場所は津波被害にあいましたが、半年後に仮店舗ですが商店街としてオープンすることができました。特に車のないお年寄りは遠くに買い物に行けません。身近に買い物ができる場所があることは地域にとって大きな意味があります」復興支援員・宮本有倫さん

ありがとうファーム

ありがとうファーム

「復興は町づくりそのもの。復興に携わる中で感じたことは、人と人とのつながりの大切さです。初対面の支援者への警戒感を解消するのも、新しい取り組みに挑戦できるのも、人と人のつながりがあるから。それを重ねていくことで、新しい町ができると思います」金城清次さん

木紅木(きくもく)

木紅木

「人は土から。そこを守っていくことは大事なことだと思っています。子どもたちに安全な環境を残していくことは私たちの使命。パルシステムの放射能対策を私は信用しているし、私たちの商品なら安心できると言ってくださる方がいる。嘘偽りなく信念を持ってやっていくことが、信頼を生み、今につながっているのだと思います。」オーガニック企画部マネージャー・菅野友美さん

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿