1. ホーム
  2. 生協からのお知らせ
  3. 「見て、聞いて、食べてみよう! パルシステム東京 ~冬のわいわい~ 」を開催しました。
生協からのお知らせ

「見て、聞いて、食べてみよう! パルシステム東京 ~冬のわいわい~ 」を開催しました。

2014年02月03日

  2014年1月25日(土)、パルシステム東京は、組織横断的にパルシステム東京の魅力を組合員に伝える試みとして、「見て、聞いて、食べてみよう! パルシステム東京 ~冬のわいわい~ 」を開催し、組合員34世帯66名の参加がありました。復興支援・災害対策、総代や委員会活動、地球環境、介護食など、パルシステム東京の取り組みを参加型のブースで学習するほか、PLA(*)による商品説明を踏まえたパルシステム商品の試食などを通じて、パルシステム東京への理解と共感を深めました。 

  2013年9月から11月にかけて行われた組合員アンケート「あなたの声をパルシステム東京へ!2013」(第1・2弾合わせてのべ1,256名が参加)の集計結果やまとめの報告も行われました。精肉や青果の支持率が高い一方で、「傷み」・「虫食い」・「欠品」を理由として青果への不満が一番多く見受けられたことのほか、利用代金の支払い方法としてクレジットカード決済を望む声が多かったことなどを紹介し、改めて参加者からは更なる期待と改善要望の声が寄せられました。

【関連リンク】
組合員アンケート「あなたの声をパルシステム東京へ!2013」の集計結果・まとめ

*PLAとは...
  パルシステム・ライフ・アシスタントの略称。パルシステム商品に関する情報を継続して学び、正確に把握し、生産者の取り組みや想いと商品の良さをくらしの視点に立って、多くの組合員などに伝え、商品に関する活動の活性化をすすめる組合員講師です。

 

冬のわいわい1
土曜日に新宿本部にて開催しました。

 

冬のわいわい2
「私も組合員」と生協の仕組みを解説する野々山理事長

 

冬のわいわい3
組合員アンケートでも満足度の高い人参は、改めて食べ比べをすると味と香りの違いが歴然。

 

冬のわいわい4 
組合員開発協力商品「お~い、さばみそ(缶)」や、遺伝子組換えの飼料を使わない「いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳」等、PLAと職員がパルシステム商品のこだわりを伝え、試食をご案内。

 

冬のわいわい5
介護食の取り組みも紹介されました。

 

冬のわいわい6
パルシステム東京の政策について真剣に耳を傾ける参加者。

 

冬のわいわい7
1Fエントランスでは、産地研修や復興支援の様子を写真展示。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿