1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. 放射性物質の食品汚染への対応について
  4. 放射能対策で「くり返し使用する農業資材」とはどのような資材な…
よくあるご質問

放射能対策で「くり返し使用する農業資材」とはどのような資材なのか。

霜よけ、虫害よけ、保温等に使用する資材で、不織布(ふしょくふ)でできているものが多く、「パオパオ」などと呼ばれています。パオパオ等の被覆資材について、昨年3月から7月くらいに使用していたものについては再利用を禁止するよう産地に要請します。被覆資材のうち、再利用可能な資材を保管していただき、その数量分の一定の金額(半額等)を補助します。補助金額については、被覆資材は3年くらい使用可能ですので、(1/3程度補助します)。被覆資材は100m/8000円くらいの金額です。もともと、新規に購入予定であるものは対象にふくまれません。 被覆資材の検査費用については連合会で申請があれば負担します。

ご質問は解決しましたか?
お問い合わせはこちら
※商品の「配達」「注文」「不具合」「口座引き落としなど請求関係」「利用休止・住所変更」「脱退」等お急ぎの用件については、所属の配送センターへお問い合わせください。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿