1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. 放射性物質の食品汚染への対応について
  4. きのこ類は放射性物質を吸着しやすい性質があるので、他の作物よ…
よくあるご質問

きのこ類は放射性物質を吸着しやすい性質があるので、他の作物より検体数、検査回数を共に多くすべきではないか。現在はどれくらいの検体数をどのくらいの頻度で検査しているのか。

ご指摘の通り、茸類は放射能を吸収しやすい性質なので、重点的に検査を実施しており、特になめこ、しいたけなど検出の可能性が高い広葉樹原木の使用茸類は月1回を目安にして放射能検査を実施しています。検体数は検査目的で変わりますが、通常は1個です。

ご質問は解決しましたか?
お問い合わせはこちら
※商品の「配達」「注文」「不具合」「口座引き落としなど請求関係」「利用休止・住所変更」「脱退」等お急ぎの用件については、所属の配送センターへお問い合わせください。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿