1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 地域コミュニティ
  4. 地域組合員主体で運営する江東区地域デイサービス事業「辰巳 パルの家」開催 50回を迎えました!
地域コミュニティ

地域組合員主体で運営する江東区地域デイサービス事業「辰巳 パルの家」開催 50回を迎えました!

2018年09月10日

トップ

  江東区にあるパルシステム東京辰巳ビルには、地域交流の場として2Fに「パルひろば辰巳」、3Fに組合員交流施設としてキッチンを備えた会議室があります。
こちらの会議室では2017年6月から原則週に1度、組合員が主体となって地域デイサービス「辰巳パルの家」を開催しています。開設から1年以上が経ち、8月末に50回を迎えました。

  この日は利用者13名と担い手(運営)組合員3名が参加。
江東区、社会福祉協議会、地域包括支援センターの職員の方も開催50回をお祝いするために駆けつけてくれました。

 

  「辰巳パルの家」では体操をしてから昼食を取り、脳のトレーニングにトランプでゲームをしたりギター伴奏で歌を歌います。一番のお楽しみはお茶を飲みながらのおしゃべりです。利用者の中には毎回参加の方も。

 

体操1:  体操2

筋肉を鍛えるため、重りをつけて体操を行います

 

歌

みなさんで約40分の大熱唱!

 

カレー

きょうの昼食は人気のカレーライス、マカロニサラダの他、キュウリの漬けもの、いちごヨーグルトを。

 

  辰巳ビルにエレベーターはありません。利用者の皆さんは3Fまで階段を利用します。
運営に参加している組合員3名で昼食の準備をしたら1Fに面した道路に出て利用者の方をお迎えし、3Fまでエスコート。
すぐにお茶を用意して、利用者の皆さんと体操をしたら昼食の配膳。一緒に昼食を取り、片付けを手早く済ませてトランプや歌にも全員で参加する・・・というめまぐるしい忙しさですが、担い手組合員の手際のよさと人柄でそれを感じさせません。

 

トランプ

担い手の田中さん。利用者のみなさんといっしょにトランプ中 「手作りの昼食を出すのは準備が大変だけれど、
みなさんが喜んでくれるのでやりがいがあります。」

 

  パルシステム東京は今後も行政や諸団体、地域方々とも連携を深めながら、さまざまな年代の地域の居場所づくりの取り組みをすすめていきます。

 

【関連記事】

組合員主体で運営する世田谷区地域デイサービス事業「あじさいの家」 90回を迎えました!

パルシステム東京組合員が主体となって行う通所型サービス 練馬「パルの家」オープン

北区の子ども食堂の運営にパルシステム東京が食材を支援します ―医療生協と地域生協との連携

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿