1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 地域コミュニティ
  4. パルシステム東京組合員が主体となって行う通所型サービス 練馬「パルの家」オープン
地域コミュニティ

パルシステム東京組合員が主体となって行う通所型サービス 練馬「パルの家」オープン

2018年06月01日

練馬TOP

  

  地域住民による高齢者に対する見守りや支え合いが社会全体に浸透していくために、パルシステム東京では地域の居場所作りをサポートしています。
  2016年度は世田谷区下馬に「あじさいの家」、2017年度は江東区辰巳に「辰巳『パルの家』」の名称で地域にお住まいの組合員を担い手とした高齢者の居場所(地域デイ)をオープン。毎月定期的に開催され、参加者も担い手もランチを囲み、おしゃべりや歌、軽い体操などで楽しいひとときを過ごしています。

  そして5月16日(水)、3番めの通所型サービスとして「練馬『パルの家』」パルシステム東京練馬センター内に誕生しました。 この日は暑いくらいのいいお天気!6名の方がお越しくださいました。登山がご趣味の方や、当日自転車で来られた方も多数いて、皆さんお元気! 参加者も担い手のボランティアも地域の方ですので、「〇丁目なの?ああ、あの辺ね」「私も〇丁目に住んでいますよ。」といった会話がそこかしこで始まります。利用者、担い手の区別なく、同じ地域に住む仲間が集まったような温かな雰囲気でした。

  

あかねっこ

ランチのお弁当も知的障がい者が働く、地域に根ざした宅配弁当センター「あかねっこ弁当」から。

  

歯みがき

食べることは生きること。長生きする上で口腔ケアはとても大切なこと。お口の体操と歯みがきのポイントをみんなで確認。

  

トランプ

食事後はトランプや楽しいおしゃべり。あっという間の3時間でした。

  

  「練馬『パルの家』」は今後月2回開催を基本に開催していきます。

  パルシステム東京では今後も行政と連携して、さまざまな年代の地域の居場所作りの取り組みをすすめていきます。

関連記事
練馬区住民主体による通所型サービス「食のほっとサロン」練馬「パルの家」ボランティア説明会 開催しました

  

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿