1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 地域コミュニティ
  4. 練馬区住民主体による通所型サービス「食のほっとサロン」練馬「パルの家」ボランティア説明会 開催しました
地域コミュニティ

練馬区住民主体による通所型サービス「食のほっとサロン」練馬「パルの家」ボランティア説明会 開催しました

2018年04月30日

top画

  パルシステム東京では、地域の人々の高齢者に対する見守りや支え合いが社会に浸透していくために、地域の居場所作りをサポートしています。
  2016年度は世田谷区下馬に「あじさいの家」、2017年度は江東区辰巳に「辰巳『パルの家』」という名前で地域組合員を担い手とした高齢者の居場所(地域デイ)がオープン。毎月定期的に開催され、参加者も担い手もランチを囲んだおしゃべりや歌、軽い体操などで楽しいひとときを過ごしています。

  4月25日、パルシステム東京練馬センター会議室で、3つめの通所型サービスとなる「練馬『パルの家』」(当面月2回開催)の活動説明会を開催しました。
  今回はボランティア(担い手さん)募集にご応募いただいた組合員の他に、練馬区高齢者対策課、地域包括支援センターの職員が出席。5月のオープンを前に活動についての細かい説明の後、担い手の役割や運用体制など、より具体的な質疑応答も行われました。

練馬パルの家

  パルシステム東京では今後も行政と連携して、さまざまな年代の地域の居場所作りの取り組みをすすめていきます。

【関連記事】
ちいきではじめる居場所作りワークショップ 第1回開催(連続2回講座)

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿