1. ホーム
  2. 私たちの社会活動
  3. 地域コミュニティ
  4. 地域ささえあい連続講座 with ほっこりカフェ」(第2回)多様な働き方で若者の自立をサポート!
地域コミュニティ

地域ささえあい連続講座 with ほっこりカフェ」(第2回)多様な働き方で若者の自立をサポート!

2018年04月20日

TOP画

  3月7日、一般社団法人くらしサポート・ウィズ、NPO法人ゆったりーの、ワーカーズコープ東京中央事業本部の3団体共催による「働きたいけど不安・・・若者の気持ち、そして打開策」がパルシステム東京新宿本部で開催されました。

  「社会人になって、自分で稼いだお金で生活をすること」が「誰でもできる当たり前のこと」ではなくなってきている現在の日本。本企画は大きな社会問題となっている若者が抱える生きづらさについて知り、何ができるかを考える機会となりました。

►第1回の開催報告はコチラ

  

「若者の生きづらさ」と向き合う

  「人間関係が苦手」で「ひとつの仕事が長続きしない」「働いたことが一度もない」・・・。本人も家族もとても不安で辛く、どこに相談したらいいのかもわからない、深刻な悩みです。パルシステム東京コミュニティ・ワーク連絡会の(一社)くらしサポート・ウィズ(http://www.kurashidial.or.jp/)、(NPO)ウイッシュ・プロジェクト(http://www.wish-p.jp/)ではこの問題に取り組んでいます。

  今回はシリーズ2回目。「うまくいかなくてもOK!多様な働き方で若者の自立をサポート」と題して、学校を卒業、中退後一定期間無業状態の若者の就労支援をしている、しんじゅく若者サポートステーションの奥村氏、せたがや若者サポートステーションの石井氏より、新宿区レンタルサイクル事業、企業・団体と協力して社会へ慣れるための体験の場の提供や就労支援についてのお話を伺いました。

  地域若者サポートステーション(通称サポステ)
  しんじゅく若者サポートステーション
  せたがや若者サポートステーション

報告

  

パルシステム東京も、若者就労支援

  パルシステム東京池尻センターでも、せたがや若者サポートステーションと連携し若者の就労を支援する取り組みを行っています。

表

  

  

ふくしまさん

▲池尻センターの取り組みを報告した福島センター長

  せたがや若者サポートステーションによって、若者の「働きたい」という想いと「人材がほしい」というパルシステムの想いが出会い、実現した池尻センターでの取り組み。 福島センター長は「今後も若者サポートステーションと連携を続け、複合的で発展的な取り組みとしていきます。」と意欲的に話しました。

  

参加者アンケートから

  「若者の就労支援について参考になりました」
「若者サポートステーション、パルシステム東京の若者を支える取り組みが聞けてよかった」
などの感想が参加者からありました。

  

  主催団体のひとつ、(一社)くらしサポート・ウィズでは、ひきこもり等成人したお子さんについて悩んでいる保護者のための「ほっこりカフェ」を月1回ほど開催しています(パルシステム組合員限定)。
また、電話でくらしの中での悩み相談を受け付けています。
※受付時間:月曜日〜金曜日10:00〜16:00(土・日・祝休み) 「くらしの相談ダイヤル」

  どうぞ、お気軽にご利用ください。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿