1. ホーム
  2. 組合員活動
  3. 組合員活動記事一覧
  4. 【開催報告:3月21日】演劇的ワークにチャレンジ!~「いま・ここ」の"わたし"を感じてみよう~
みんなの組合員活動

【開催報告:3月21日】演劇的ワークにチャレンジ!~「いま・ここ」の"わたし"を感じてみよう~

春分の日のよく晴れた昼下がり、府中駅から直結している府中プラッツ3Fのスタジオにて、演劇的な要素を取り入れたワークショップを開催しました。
このところ、2回、3回の連続ものをやっていましたが、1回体験したらヤミツキになるこのワークショップをもっと多くの人にあじわってもらいたいというおもいがあって、参加しやすい1回完結ものにしました。また、祝日なので平日にはなかなか参加できない方も目にとめていただけたかと思います。

やみつき

<何かの動作をしてみる>
このワークショップの一番の特徴は、考える前に動いてみること。思いついたことをゲーム感覚で体を使って表現してみます。みんな童心に帰ったようで楽しそう。5分前に初めて出会った人達とは思えません。

<何かになってみる>
季節にちなんで「桜」をテーマにグループで”ヒト”オブジェの創作。 イスを積み上げて樹にする人、花びらや幹や風になる人、などそれぞれのアイディアと”なりきり感”が結集されて見応えのある作品ができました。

なりきり

<そして、あなたも役者に!>
いよいよ、役を演じることにチャレンジ!こちらで用意したいくつかの台本から選んで、演技をします。2,3人で演じるチームは、真剣な話し合いを重ねながら気持ちを一つにします。一人芝居を選んだ人は、台本を何度も読み込み練習に余念がありません。そして、発表と鑑賞。初めてとは思えない熱演ぶりに感動しました。


2時間半を通して、どの瞬間も、一人ひとりが「いま・ここ」の"わたし"を存分に味わっていました。
日常に戻っても、舞台の一幕のように自在に振る舞えたり、乗り越えたりできるのでは・・・

いまここ初めて来る人も、一度味を占めた人も、「待ってました!」と思ってもらえるものを、開催し続けていきます。
乞うご期待を!

 

【ファシリテーター:ワッカ・いっこ】

 

参加者の声から
・いろいろな形で表現することができて、解放された時を過ごすことができました。いつもは表現するのは苦手ですが、みんなの雰囲気がとてもよかったです。
・今日は初めてお会いする方達と、体を使って心を使ってワークショップを体験することができて楽しかったです。このようなワークショップは子供達に体験させてもよさそうだなーと思いました。
・頭と心とカラダをフル活用することで直感だけをたよりに動く中、日頃の思考のクセが抜け、生き方に正解も不正解もなく、一生懸命に生きていくことが大切なんだと気が付きました。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿