1. ホーム
  2. 組合員活動
  3. 組合員活動記事一覧
  4. 【開催報告:10月30日】テーマ de cafe
みんなの組合員活動

【開催報告:10月30日】テーマ de cafe

今回のテーマは、「女性と教育」~やっぱり変だよ1!ニホンの教育~。学生時代に感じた学びの場での違和感、卒業してからの職場でのつまずき、ニュースででてきた入試制度の不公平間などなど。女性だから感じる皆さんの日ごろの気持ちを、テーブルを囲んで気軽におしゃべりしていただきました。

 

女性が不利に感じることって

・「女性は短大」、「女の子は勉強できなくてもいい」と親から言われたり、学部の選び方でも家庭や子育てに関することを先生から勧められたりする。父親が阻む娘の進学。
・大学医学部入試における女子学生の試験減点についてのニュースにはびっくりした。
・教育差別が就職先での男女の賃金差につながるのではないか、管理職に女性が少ないなどにも影響。
・「男性が上、女性は下」という考え方が、セクハラにつながっていると思う。
・家事の分担の多くは女性、女性は子育てとの両立を求められることが多い。
・進路における女子学生の選択肢がもっと増えたらいい。

 

今の社会で、では私はどうしたい?

・今は過渡期、だから家庭でも職場でも学校でも、もっと話し合うことが大事。
・我慢しないで、声をあげていく。
・4月は統一地方選挙もある。私たちの1票が社会をかえることにつながる。
・待っていないで、自ら環境をつくりかえていく。たとえ時間がかかっても、小さな一歩でも。
・改めて考えていくとなんだか考えが思い浮かばなくて・・・という方も、他の意見を聞いてそうなのかぁと頷くことも・・・。


写真


参加者の声

・思いのたけを話せて、自分をふりかえることができました。今後のことも考えることができよかっ たです。
・男と女は違っているのが当然なのですが、教育現場や家庭など様々な場で差別があり、それが当た り前と思っている部分も多いことに驚きました。初めて会った人ともテーマがあることで話がはず み、有意義な時間を持つことができました。ありがとうございました。
・自分の考えなど話せて、受け止めて頂けるのがよかったです。
・意見を聞いているうちに、変だと思うことやひずみには、声をあげて、皆の意見を社会に反映させ ていくことが大切だということに気づきました。


当日ファシリテーターを担当して

人は互いの意見を認め合いながら、自分の意見をそれぞれが持ち合い、寄せ合い語らう・・・そんな機 会って、日本の現状ではなかなかないのが常です。いろいろな人の感性や考え方を聞けて自分も意見 を聞いてもらえてよかったと、笑顔で帰る皆さんをお見掛けし、こちらもほっこり笑顔でお見送りし ました。参加して頂いた皆さん、お疲れ様でした♪ありがとうございました! また4 月以降開催しますので、お楽しみに。それまで、ごきげんよう・・・★

報告:のも ファシリテーター:おかりん、ゆみこ、のも

 

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿