1. ホーム
  2. 組合員活動
  3. 組合員活動記事一覧
  4. 【開催報告:11月14日】大人の部活へようこそ!シネマdeトーク♪ 
みんなの組合員活動

【開催報告:11月14日】大人の部活へようこそ!シネマdeトーク♪ 

パルシステム東京主催のムビラボの映画から...観た人も、観れなかった人も

しねま1

映画大好き! ひとりで観る派も、時にはみんなで映画話。6月開催好評につき、11月にも開催。・・映画のあれやこれや をたっぷり2時間話しました。
  今回は、11月にパルシステム東京主催のムビラボで上映された3つの映画を観た人から話しはじめました。上映会場となったBPM(Beats Per Moment)は池尻大橋駅近のイベントスペース&カフェ。 映画館やホールのような椅子席はなく、広々とした上映用ラグにすわって、くつろいだ雰囲気の中で映画をゆっくり観ることができるおしゃれな空間。映画の内容とともに施設そのものも話題になりました。

むびらぼ

最近観た映画の感想やこれから観たい映画はどんな映画?

・障がいについてあまりよくわからなかったけど、映画をみて、決めつけずに理解しようとすることが大事なことがわかった。それは障がいのあるなしにかかわらずであることも、わかった。
・ムビラボで観た『わたしは,ダニエル・ブレイグ』自分の父親を投影して観ていた。素直に親孝行したい気持ちになった。
・最近はトキュメンタリー映画に関心がある。俳優の演技ではないところに真実を感じるため。
・ボヘミアン・ラプソディは、QUEENの曲をたくさん聴けてよかった。俳優がメンバーに本当に似ていて感動した。音響のいい映画館でもう一度観たい。やっぱり天才だった。
・インド映画がおもしろいから注目している。まだ観たことない人は、ぜひ体験してみて。
・コメディ映画が好き。ただただ笑える。
むび・60才のラブレターはさまざまな世代の方にみてほしい。
・まだ無名の若手監督のオムニバス形式の短編映画『十年』。
もっとこうしたらいいのでは.などと突っ込みながら観れ
るのも短編ならでは。
・チェコのアニメ映画祭。もともと社会主義国だったので、
映画が国営化されていたりもするが、体制への抵抗や社会
風刺、教訓が含まれていて、おもしろかった。映画は深い。


 

今日のワークに参加しての感想は
・あっという間の2時間でした。映画のテーマを絞った方が良いかなとも思いましたが、手ぶら感覚で気軽に参加できてよかったです。
・自分が観たことのない作品の話がたくさん出て、知らない世界をのぞき見たようで楽しかったです。映画評論家の話やPR用の宣伝文句より、心に響くコメントが聴けてとても良かった。
・いろいろな映画を観ている方々のお話を聞いているだけでも楽しかったです。
・知らなかった映画の情報も得ることができて、とても有効な時間を過ごせました。
・次回も参加したいので、チラシや見た映画をリストアップしておきます。土日開催だとより参加しやすいです。
・映画は一人で観るけど、観てどう思ったのか、ほかの人の意見も聞きたいな、と思うことがあるので、定期的に開催してほしい。

しねま

(ファシリテーター:おかりん(文責含む)、+のも)

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿