1. ホーム
  2. 組合員活動
  3. 組合員活動記事一覧
  4. 2017年 今年の一冊!「ブックトーク」
みんなの組合員活動

2017年 今年の一冊!「ブックトーク」

2017年12月14日(木)12月定例会開催後、放課後企画として「2017年今年の一冊」をテーマにファシリメンバー有志が集い、「ブックトーク」が開催されました。
先日ファシリテーター養成講座12期を修了したてのメンバーも定例会に引き続き参加、午後のひと時、本を囲みながら学生時代の放課後のような和やかな時間を過ごしました。

一冊の本から広がる話。一人で読む本も誰かに紹介、共有することで広がる世界。自分が紹介した本に参加者から質問や感想をもらうことで改めてその本と向き合うことになるその瞬間がブックトークの魅力の一つです。



本
「本」を通して社会問題を話せる安心感や、「その本を読みたい!」という気持ちを持ち帰ることができることも魅力の一つです。どんな小さな話題でも日々のニュースに関心を持ち、社会の動きに関心を持つことは、私たちの暮らし課題につながることばかりです。日常の課題や社会問題を語れる場をこれからも開催していきます。

 

【11期ファシリテーター 米川】

 

★ 17時まで途中出入りOKのブックトーク 最後まで参加したメンバーからの報告 ★

 

持ち寄った本の感想から以下のような話題へと広がっていきました。

  ☆差別は身近にある、そこから目を背けようとしてないか。
  ☆宗教と信仰はどう違うのか。なぜ宗教の話は避けられる話題になるのか、宗教、信仰についての参加者一人一人の率直な思い。
  ☆死刑や刑法の問題は悪いことをした人は罰せられるべきで排除してもいいという考え方で、これは私達の生 活の中にもよく見られる考え方ではないか。
  ☆何か困難な事が起こると答を出そうと急がず、答えの出ない事態に耐える力、凌ぐことについてetc.

                                

【11期ファシリテーター マサコ】

【本日登場した本】 (タイトル・著者)

『自転車五大陸走破』喜望峰への13万キロ』 井上洋平 著
『写真で伝える仕事 世界の子どもたちと向き合って』 安田菜津紀 著
『あなたの人生の物語』 (映画「メッセージ」原作)  デッド・チャン 浅倉久志・他[訳]
『毒ガスの島』 樋口健二 著
『もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓』 稲垣えみ子 著
『ポジティブ・ディシプリンのすすめ』 ジョーン・E・デュラント 著
『教誨師(きょうかいし)』 堀川惠子 著 
『親業』 トマス・ゴードン著 近藤千恵 訳 
『あん』 ドリアン助川 著
『励ます力―主にあって強く生きるー』 ビル・ジョンソン著 長田晃 訳
『ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力』 帚木蓮生著

 

お題のせいか比較的硬派本が多い結果となりました。
今年は個人的にもゆとりのない読書生活で積ん読本がどっさりです。
来年はもっと「無用の用」本を楽しみたいものです。
〈本と出会う・人と出会う〉〈一人で楽しむ、時々みんなと〉ブックトークまた来年!(ほ)

記事カテゴリ
過去の記事一覧
組合員活動

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿