1. ホーム
  2. 組合員活動
  3. 組合員活動記事一覧
  4. 【報告】家計活動委員会「スマホdeかんたん・かけいぼ」
みんなの組合員活動

【報告】家計活動委員会「スマホdeかんたん・かけいぼ」

2016年11月25日

家計活動委員会では毎年おなじみの家計簿企画ですが、今年は「スマホdeかんたん・かけいぼ」としてスマホアプリの家計簿で家計管理を学びました。

講師は、数々の家計簿を監修し、著作もあるファイナンシャル・プランナーの氏家祥美先生です。 

20161110kakeikatsudou.jpg

まずは、先生が監修した家計簿を基に、家計簿についての基本的な考え方を聞きました。
家計簿で大切なことは3つ。
1.まずは3か月継続
2.目的にあった費目設定
3.ライフスタイルに合った家計簿

3か月継続すると、その家のお金の流れ、基本の傾向が見えてくるそうで、3か月で基本データができるとのこと。
ですので、まず3か月頑張ってつけてみましょう。
そして家庭によって必要な費目は違うので、自分でカスタマイズするのがよいそうです。
小さいお子さんがいる家庭と夫婦二人だけの家庭では、必要な費目は違ってきます。
費目は最低5~7つでも大丈夫、というのは目からウロコでした。

今は皆さん忙しいので外出先で家計簿をつけたい人も多い、ということでスマートフォンの代表的なアプリ4つを紹介してもらいました。
その中でも、使いやすいと思われる「家計簿アプリ」を例に、実際の入力画面などを見せてもらいました。やったことがないという人もイメージがつかみやすかったのではないでしょうか?
アプリによっては、スマートフォンだけでなくパソコンでも同じ家計簿が見られるので、夫婦で、親子で共有して家計管理ができるというのがとても魅力でした。
レシートで写メすることで一発で入力できたり、すぐに費目ごとに円グラフになって示されたり、と多彩な機能が満載なうえ、使用料は無料なものが多い(有料版もあり)とのこと。
参加した方は、トライしてみようと思ってくださったようです。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿