1. ホーム
  2. 組合員活動
  3. 組合員活動記事一覧
  4. 【報告】体験企画「"にわか 高齢者体験"はいかが!」ほのぼの福祉委員会
みんなの組合員活動

【報告】体験企画「"にわか 高齢者体験"はいかが!」ほのぼの福祉委員会

2015年12月08日

この頃、母がチョットしたことで、よくつまずくの… あなたの周りでそんな会話、聞きませんか?手袋やゴーグルなどの『にわか高齢者グッズ』を付けて、ラジオ体操をやってみたら、きっとなぜつまずくのかが、わかるかも・・・ネ

20151127honobonofukushi01.jpg日時:11月27日(金)10:00~12:00
場所:エルソフィア4階 教養室
講師:永島 学氏 ※サポート:2名
       (社会福祉法人・足立区社会福祉協議会 介護福祉士・介護支援専門員)

 (1)高齢者体験装具を着ける→ラジオ体操→テーブルに湯呑と菓子皿を並べる→ 急須にお茶葉を入れて湯を注ぐ→菓子を食べる→靴を履く→階段を下りる→エレベーターに乗る→トイレに行く→部屋に帰ってくる。

20151127honobonofukushi02.jpg(2)簡単な介助ワンポイント
◎フランスで生まれた介護法(ユマニチュード) 
   言葉だけでなく知覚や感情でコミュ二ケーションを図る。
1.見つめる。  2.話しかける。  3.触れる。  4.寝たきりにさせない。

【参加者の感想】
・三年前に義母が寝たきりになり、こんな風になっていたのだなと思いました。
・母や父も、次第に目も見えにくくなり、体力もこのようになるのかと、よく理解できました。
・95歳の祖母が食べるときになぜ目をつぶっているのかな?と思っていましたが、納得しました。
・主人が現在、目が見えづらい状況です。ゴーグルをつけてみてよくわかりました。20151127honobonofukushi03.jpg

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿