1. ホーム
  2. 組合員活動
  3. 組合員活動記事一覧
  4. 【報告】西新井委員会「うどんとかつおぶし」
みんなの組合員活動

【報告】西新井委員会「うどんとかつおぶし」

2014年10月29日

[報告]うどんとかつおぶし
7月25日(金曜日)梅島駅エルソフィア料理室で行いました。大人20名、子供23名、合計43名。
たくさんの方からの参加希望がありましたが、会場の都合でキャンセルとなってしまい、とても残念です。
こちらに、手作りうどんの作り方も載せますので参考にしてみてください。

 

「親子で挑戦 我が家の手打ちうどん!」
材料(6人分・・・塩25g、水240g、中力粉500g、打ち粉(小麦粉でも可)適量) うどん打ち
【1】水 240gに塩25gをよく溶かしておく
【2】中力粉500gに①を加えて手早く混ぜてポロポロ状態にする
【3】ひとまとめにしてこねて、表面が滑らかになったら、ビニール袋に入れて30分以上休ませる
【4】30分経ったら、ビニール袋の上から足で踏み、さらに15分以上休ませる
【5】生地を台に出し、打ち粉をして、麺棒で3㍉位の厚さに伸ばす。大鍋にお湯を沸かす
【6】生地に打ち粉をして(大事です)屏風のように折り、3㍉位の幅に切る(押さないよう気を付けて)
【7】切ったうどんをほぐしながら熱湯にいれ、10分位ゆでる(太さにより加減してください)
【8】茹で上がったうどんを、水で洗ってぬめりを取りザルに 上げて水気を切る。お好みのツユでどうぞ



当日は、うどんの生地を休ませている間に、だしの味見テストや、かつおぶしけずり
かつおぶし削り体験もしました。
かつおぶし削り体験は、 子供たちに楽しんでもらおうと思って準備していましたが、
子供たちが終わった後、お母さん方も楽しそうに!
親子で体験してくれてうれしいです。




また、だしの味見テストには、「かつおぶし」「こんぶ」「シイタケの戻し汁」の三種類を準備して
順番に味わってもらいましたが、子供たちはまずいとか渋いとか自由な感想で楽しんでいました。

 

出来上がったうどんは、全員個性的で イメージ
いなにわ風や、ひもかわ?!耳うどん??とてもおいしくいただきました。
出汁を取った後のシイタケなども醤油と砂糖で煮込んで即席の
佃煮ができました。捨てるなんてもったいない!



うどんを打ったそのあとは、保育のちびちゃんたちも参加して、
スイカ割り大会!を行い、すいかもおいしくいただきました。
夏休みの思い出&研究発表に活かせたでしょうか?

ご参加いただいた、ご家族の皆様、楽しい時間をありがとう ございました。

以下いただいた感想です。(エリアニュース7件、他2件)

  • うどんを一から作ったこと、かつおぶしを削ること、私も娘も初めてだったのでとても面白かったです。
  • 一晩くらいは寝かせたり、もっと手間のかかるものと思っていたので、手軽にできることにびっくりしました。
    子供たちと楽しみながら作れました。
  • かつお節を自分で引いて作ったことが無かったので楽しんでできました。うどんも太さもバラバラだったけど、
    自分たちでうったうどんは、とてもおいしかったです。また出汁を取った後のしいたけ、昆布、かつお節も
    おいしく食べられてためになりました。
  • 家でも作ってみようと思います。
  • (子供の感想)かつお節削り方のポイントは、最後まで削る。ゆっくり削る。そうしたら大きいかつお節が削れる。

報告が大変遅くなりすみませんでした。
お忙しい中、西新井委員会の企画に参加していただきありがとうございました。
次回の企画も楽しく役立つ企画考えてお待ちしております。

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿