1. ホーム
  2. 組合員活動
  3. 組合員活動記事一覧
  4. 【報告】家計活動委員会「高齢期の住まいとお金~親と子のハッピー介護のために~」
みんなの組合員活動

【報告】家計活動委員会「高齢期の住まいとお金~親と子のハッピー介護のために~」

2014年08月18日

「高齢期の住まいとお金~親と子のハッピー介護のために~」

この講座は今年の2月、記録的な大雪の日に一度行われました。
しかし大雪でやむなくキャンセルをされた方も多く、また応募者多数で抽選だった為、再度開催することにいたしました。

パルシステム東京のHP、週刊WITH YOUなどで参加者を募集したところ、定員50名に対し、
3倍ものご応募がありビックリ!
急きょ会場を変更し、全員を当選とすることができました。

講師の佐川先生は、親御さんが老人ホーム等の介護施設を19回変わっています。
まず基本的知識として、介護保険のしくみから、自宅から介護施設等への住み替えを考える時に
介護施設にはどのような種類があるのか?
施設によってどのくらい費用が違うのか?
選択するときはどのようなことに注意すればよいのか?を事例を多く用いて教えていただきました。

利用する施設よってはお金が不足する事態が発生することも分かりました。
そのようなことにならないために、先生は「キャッシュフロー表」をつくることを勧めています。
「キャッシュフロー表」は聞いたことがないという方も多かったのですが、
1年ごとに、収入(年金など)と支出(介護保険の自己負担や施設の利用料、食費などの生活費用)、
そして、それらを差し引きした貯蓄残高を記入していく表です。
どうしても不足する場合の対処法として、マイホーム借り上げ制度やリバースモーゲージについても
教えていただきました。

講座開催時にはまだ国会を通過していなかった介護保険の法改正ですが、6月に可決され、
所得の高い人の介護保険の自己負担が1割から2割になることが決定しました。
老後のお金については、ますます厳しくなる状況です。
しっかり学んで、足腰が丈夫なうちに、今から備えておきたいものです。

kakeikatudouiinkai.png

ページの一番上へ

「食べもの」「地球環境」「人」を大切にした社会をつくります
〒169-8526 新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿